建築・土木書籍出版
ホーム > 対訳 日本の城と城下町

対訳 日本の城と城下町  新刊

Bilingual THE CASTLES and CASTLE TOWNS of JAPAN

対訳 日本の城と城下町

英語と日本語で、城と城下町の基礎知識を科学的に解説 Text in English and Japanese

著者 平井 聖
渡辺 洋 翻訳者
浅野 伸子 共同執筆
ジャンル 建築論・建築史
出版年月日 2017/07/24
ISBN 9784870712935
判型・ページ数 B5変・174ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
 

目次

◆主な収録内容◆
江戸時代の城と城下町
 01 中根図の姫路城内郭 
 02 姫路城の現状
 09~10 外郭(城下町)の構成-1~2
 17~19 城下町の構成-1~3
 26~31 城下町の施設-1~6
 32~33 近世の城が出来るまで-1~2
 34~38 城の構成-1~5 地選・地取り/縄張り/天守の構成/姫路城の天守の構成
 46~54 建築工事-1~9
日本各地の城(1~74)
索引 英語/専門用語/城/人名

◆Principal Contents◆
Castles and castle towns in Edo period
 01 The Inner Enclosures of Himezi Castle According to the Nakane Drawing
 02 The Present Condition of Himezi Castle
 09~10 The Organization of the Outer Enclosure(Castle Town)1~2
 17~19 The Organization of Castle Towns 1~3
 26~31 The Facilities of Castle Town 1~6
 32~33 The Development of the Feudal Castle 1~2
 34~38 Constructing a Castle 1~5
 46~54 Building Construction Work 1~9
Castles in Various Areas of Japan(1~74)
Index and glossary





このページのトップへ

内容説明

日本建築史研究の権威者である平井聖先生が、英語で翻訳することを前提に、城や城下町を科学的に解析し、それらの基礎知識を執筆してくれました。翻訳は斯界の第一人者である渡辺洋先生にお願いしました(平井先生はNHKの大河ドラマの建築考証を52年前から担当されております)。
本書は、日本で初めての「対訳 城と城下町の本」となります。観光用のパンフレット的な本ではなく、著者自らが作図した図版と写真で、城や城下町の構成や、城が出来あがるまでの工程、各地の城の特徴などを簡潔・明瞭に解説しています。

本書のパンフレットを掲載しました。
パンフレット ←クリックしてください。

このページのトップへ