建築・土木書籍出版
ホーム > 対訳 日本の城と城下町 (Bilingual THE CASTLES and CASTLE TOWNS of JAPAN)

対訳 日本の城と城下町 (Bilingual THE CASTLES and CASTLE TOWNS of JAPAN)  新刊

対訳 日本の城と城下町 (Bilingual THE CASTLES and CASTLE TOWNS of JAPAN)

英語と日本語で、城と城下町の基礎知識を科学的に解説 Text in English and Japanese

著者 平井 聖
渡辺 洋 翻訳者
浅野 伸子 共同執筆
ジャンル 建築論・建築史
出版年月日 2017/07/24
ISBN 9784870712935
判型・ページ数 B5変・174ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
 

目次

◆主な収録内容◆
江戸時代の城と城下町
 01 中根図の姫路城内郭 
 02 姫路城の現状
 09~10 外郭(城下町)の構成-1~2
 17~19 城下町の構成-1~3
 26~31 城下町の施設-1~6
 32~33 近世の城が出来るまで-1~2
 34~38 城の構成-1~5 地選・地取り/縄張り/天守の構成/姫路城の天守の構成
 46~54 建築工事-1~9
日本各地の城(1~74)
索引 英語/専門用語/城/人名

◆Principal Contents◆
Castles and castle towns in Edo period
 01 The Inner Enclosures of Himezi Castle According to the Nakane Drawing
 02 The Present Condition of Himezi Castle
 09~10 The Organization of the Outer Enclosure(Castle Town)1~2
 17~19 The Organization of Castle Towns 1~3
 26~31 The Facilities of Castle Town 1~6
 32~33 The Development of the Feudal Castle 1~2
 34~38 Constructing a Castle 1~5
 46~54 Building Construction Work 1~9
Castles in Various Areas of Japan(1~74)
Index and glossary





このページのトップへ

内容説明

日本建築史研究の権威者である平井聖先生が、英語で翻訳することを前提に、城や城下町を科学的に解析し、それらの基礎知識を執筆してくれました。翻訳は斯界の第一人者である渡辺洋先生にお願いしました(平井先生はNHKの大河ドラマの建築考証を52年前から担当されております)。
本書は、日本で初めての「対訳 城と城下町の本」となります。観光用のパンフレット的な本ではなく、著者自らが作図した図版と写真で、城や城下町の構成や、城が出来あがるまでの工程、各地の城の特徴などを簡潔・明瞭に解説しています。

本書のパンフレットを作成しました。
パンフレット ←クリックしてください。

本書の「構成内容」を作成しました。
「対訳 日本の城と城下町」の構成内容 ←クリックしてください。

このページのトップへ